プロフィール

sibsi36

Author:sibsi36
岐阜のライフスタイルプロポーザー、SIBSI36です。
本当に素晴らしい「ほんもの」の商品を皆様にお届けいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




冬花庵観音堂

先日、京都の橋本関雪記念館館長にお誘い頂き、常滑の大善院に行きました。

「冬花庵観音堂」落成のお祝いがあったためです。



「冬花庵観音堂」は、橋本関雪の別邸で、宝塚から移築されたものです。

橋本関雪とは、明治時代~昭和初期に活躍した日本画家で、

大正5年に京都に構えた居は「白沙村荘」と呼ばれ、国の指定名勝です。

(SIBSI36は昨年秋にここで展示会を開催させて頂きました。そのご縁で今回お誘い頂いたのです)



元々の冬花庵は庵だけでなく茶室や園庭もあり、

庭園の随所に三重塔、鐘楼、宝塔、石仏などの石像美術品が配されていたそうです。

「お堂」と呼ばれた庵は阪神淡路大震災で別邸の建造物が倒壊する中、

当時自由が丘に移築されていたため唯一被害を免れた建物でした。



大善院では戦時中、彫刻家花井探嶺作の護国観音像が、

奥条の戦死した遺族有志等によって奉安されたのですが、お堂は建てなかったのです。

平成18年、関雪の「お堂」の保存の相談を受けて、「平和を祈る護国観音」を改め、

平和観音像として祀る「冬花庵観音堂」として大善院に残すこととなったそうです。

「お堂」の保存と、「護国観音像」のためのお堂建設が、いい形で融合したという訳なのですね。




鎮座の儀式の様子です。

また、下の写真は橋本関雪自筆の掛け軸です。



残念ながら私には解読できないのですが‥‥

しかしやはり美に秀でた方の筆さばきは美しく思えるものですね。



この日、落成のお祝いにはたくさんの方がいらしており、

儀式が終わった後、住職さん達がお堂の周りに集まった人々に散華をされました。

散華、とは、寺院で法要を巌修する時に諸仏を供養するために花が撒かれることです。

昔は蓮の花びらなど生花が撒かれていましたが、は蓮の花びらを象った色紙が使用されます。

私がいただいたのは、おそらくですが、

仏がお座りになる台座のような絵の上に梵字が描かれているものでした。

この梵字が何の意味だろうかと、色々探してみましたが、とうとう分かりませんでした。



しかし、このありがたい花びらはご利益があるそうなので、

お守りとして大切に持っていたいと思います。



貴重な体験をさせていただきました。

こちらの観音堂では、絵画の展示、演奏会など催されていくそうです。

お問合せは下記へどうぞ。


補陀落山 大善院

〒479-0822 愛知県常滑市奥条5丁目20番

電話/FAX 0569-35-3430

E-Mail daizenin@basil.ocn.ne.jp



和紙・柿渋染商品(美濃手漉き楮和紙・和モダンインテリアグッズ)販売・SIBSI36

スポンサーサイト




近鉄百貨店阿倍野店

3月17日~23日まで、近鉄百貨店阿倍野店にて開催中の、
オリオリバッグの展示販売に行ってきました。

WACCOさんの素敵な品の数々。





そして、オリオリシリーズ達。



明日まで開催です。

まだご覧になっておられない方はぜひ、一度足をお運び下さいませ。


また、阪急百貨店メンズ館で予定されておりました、

「テイスティングアートエキシビション03」の

開催は無期延期となりましたことをお知らせ致します。



この度の東北地方太平洋沖地震に関連する諸事情を鑑みての無期延期でございます。

楽しみにしていただいておりましたお客様各位には、

ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ありませんが、

どうぞご理解いただけますようよろしくお願いいたします。


あの日より10日が過ぎ、いまだ被災地は悲しみと混乱の中です。

私たち、非被災者は、かの地で耐えておられる方々のために、

できうる限りのことをしなければならないと思います。

もちろん、背伸びする必要も見栄を張る必要もありません。

しかし、こういう時だからこそいつも通りの日々を大切にし、勤勉を貫き、

周りの人々を慈しみ、些末な出来事すらも愛おしむことが大事なのでは、と思うのです。


安全と水はタダだと思ってしまっていた私たちですが、

今回のことでそれがいかに間違っていたかを知ることができました。

今の一瞬の後に何が起こるか、誰も分からないのです。



祈り続けています。

そして、自分たちにできることをこれからも続けていき、

それが回り回って被災地の方々のお力になるように頑張ってまいります。



和紙・柿渋染商品(美濃手漉き楮和紙・和モダンインテリアグッズ)販売・SIBSI36





東北太平洋沖地震

このたびの地震の被害にあわれた皆様に

心からお見舞い申し上げます。



政府も我が我がの利己的な思想は捨てて

挙国一致で外国とも協力して、

いち早く被害対策に適切に取り組んでいただきたいと切に希望します。



和紙・柿渋染商品(美濃手漉き楮和紙・和モダンインテリアグッズ)販売・SIBSI36





始まりの春が来ます

先日、知り合いの女性が

これから会社を興し、起業するからと挨拶に来られました。

大事なことはなんでしょうと質問され、

即座に体調管理と答えました。



体調が悪いと集中力がなくなり、

経営に甘さが出てくるからです。



私も以前体調を崩してから生活習慣を見直し、

朝もきちんと食事を摂り体調を整えることを意識しています。



「人ははじめることさえ忘れなければいつまでも若くある」



今年100歳になる現役医師、日野原さんの言葉です。

私も、今年は何か始めようと思います。




和紙・柿渋染商品(美濃手漉き楮和紙・和モダンインテリアグッズ)販売・SIBSI36





検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。