FC2ブログ

プロフィール

sibsi36

Author:sibsi36
岐阜のライフスタイルプロポーザー、SIBSI36です。
本当に素晴らしい「ほんもの」の商品を皆様にお届けいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




吃驚、恐怖、悲哀


死体ネタを含みますのでご気分を害される恐れがあります。
ご注意下さい。



今朝のことです。
会社に着いて車を降りると、先日写真で載せたすみれの花の前あたりに、
何かの塊がありました。

15cmほどの体長の、生き物………胎児です!
目もあり、尻尾のようなものがあります。

びっくりしてしまい、とりあえず市役所と警察に電話しました。
すぐに警察が飛んできました。
なんと13人も。

万が一人間の胎児だったら、ということだったようです。


保健所が調べた結果、イタチの子どもでした。


イタチは近年都会にその生活の場を進出させているのだと聞きます。
どの種のイタチかまでは分かりませんが、
チョウセンイタチなど西日本から勢力を伸ばしているものがいるそうなので、
このイタチもそんな一匹だったのかもしれません。


それにしても、見つけた時は恐怖におののきました。
やはり「骸」というのは人間でなくとも「死」の形ですから、
本能的に怖いと思うものです。

同時に、母イタチが遺棄したこの胎児を哀れに思います。
この胎児は膜に覆われたまま窒息死していました。
母イタチは産んで我が子を舐めもせず立ち去ってしまったのです。

母性を失う程に飢えていたのでしょうか?

人間も我が子を産んでそのまま遺棄する人がいます。
どんな理由があろうと、
授かった命を生まれるところまで育てたのに、
それを棄ててしまうのは哀しすぎます。


動物にとっても、今生きにくい時代なのかも知れません。
けれど、ひとつでも多くのいのちが、
幸せに育つことを願ってやみません。



和紙・柿渋染商品(美濃手漉き楮和紙・和モダンインテリアグッズ)販売・SIBSI36
スポンサーサイト




心にも花を

会社の駐車場の片隅に、小さなすみれが咲きました。





コンクリの合間から咲くその姿は、健気でもありたくましくもあり。
このような花に目を留められたことに幸せを感じます。
そして、花の持つ力に心奪われます。


どんな場所にも、春は訪れます。
誰も水をやったりなどしない歩道の隙間からだって、タンポポが咲いたりします。

被災地でも、がれきの中に咲く花を見つけたという話を聞きました。
何もかも流されてしまい、残ったのはがれきだけ。
そんな場所にすらすっくと立ち上がる花は、
打ちひしがれる人々の心に生命力を呼び戻したことでしょう。

花の意志を感じませんか。

花に他意はなくて、ただ生きているだけかもしれません。
だけど、
その姿を見て私たちの心に灯るのは優しさや、幸福感。
悲しみが癒されるのを感じる事もあるでしょう。

「ただ生きる」それがどんなに尊いのかを、改めて思います。
欲や見栄や地位、虚飾をすべてとっぱらってしまえば、
私たちも「ただ生きている」存在に過ぎません。
けれども生きていく中でその根本の美しさは忘れられがちで、
こうしてふと目を留めたささやかな生命に、そのことを思い出すのです。


そういえば。
アメリカの歌手、ベット・ミドラーの名曲で「ローズ」という歌があります。
ご存知でしょうか。
日本で1980年に公開された同名映画の主題曲です。
この曲の最後の歌詞は、

厳しい冬に冷たい雪の下で眠る種が
暖かい太陽の愛に包まれて
春、美しい薔薇になる

というような内容です。

世界のどこを見渡しても、花に想う気持ちは同じなのだと感じます。
それは、今厳しくともいつか報われる日が来る、
そんな情景を一輪の花に重ねる気持ちです。

泥水の中からも、砂漠の中ですら花は咲きます。
花の存在があるからこそ、人は優しさと希望を持ち続けられるのかもしれませんね。


心にも、花を持っていたい。
そして、被災地の皆様にその花を贈る事ができたならと、
春風に揺れるすみれを見つめながら願わずにはいられませんでした。


和紙・柿渋染商品(美濃手漉き楮和紙・和モダンインテリアグッズ)販売・SIBSI36



展示会無事終了いたしました

たくさんのお客様においでいただき、
今回のノリタケの森ギャラリーでの展示会も無事終了いたしました。











坂井田永吉商店さんの和傘も美しく、皆様に楽しんで頂けたのではないかと思っています。
いつも、展示会はお客様との素敵な出会いの場です。
お客様にSIBSI36の心意気が伝われば‥‥と願いながらの展示でした。

次回の展示会でまた、お会いできる事を楽しみにしております。


ご来場頂きました皆様、ありがとうございました。


和紙・柿渋染商品(美濃手漉き楮和紙・和モダンインテリアグッズ)販売・SIBSI36



展示会始まりました

今日から、ノリタケの森ギャラリーで始まっております。

阪井田永治さんの素晴らしい和傘は言わずもがなですが、
SIBSIのラインナップも負けていません。

帽子やバッグなど、これまで以上にお洒落感度を高めております。









ぜひ、皆様おいで下さいませ。
お待ちしております。




和紙・柿渋染商品(美濃手漉き楮和紙・和モダンインテリアグッズ)販売・SIBSI36




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。