FC2ブログ

プロフィール

sibsi36

Author:sibsi36
岐阜のライフスタイルプロポーザー、SIBSI36です。
本当に素晴らしい「ほんもの」の商品を皆様にお届けいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




中島さんへの手紙

中島法晃さんの展覧会『中島法晃 文字展』が、
1月20日~24日までギャラリーCROQUISで開催されました。




 往き着く所はどこか。
 出会うべくして出会う。
 自分の周りにある全部を受け止め、受け入れる。
 人、物、環境、素材、思想。

 「朝には紅顔ありて、夕には白骨となれる身なり」
 まだ見ぬ明日を迎えるために、今を生きている。

 様々な和紙、画仙紙によるモノクロが見出す色彩から、
 陰陽、光影、静動を感じながら。
 作家が目にしたあらゆる自然物を基に作り出す造形から、
 躍動、息吹、また無情を感じながら。


 生の象徴を求め、作り続ける。


  中島法晃
  造形作家・書
  浄土真宗本願寺派恵日山光輪寺 僧侶




(展覧会パンフレットより)



『手紙』




『孤』




『糸』




『心』




『煙』




そして、会場はこのように蓮の花が咲いておりました。





そして、この展覧会で静かな感動を覚えた私は、
彼にメッセージを送りました。



Dear Nakashima,

あなたが考え、悩み、壁にぶちあたり、楽しさにまかせて書いた言葉たち。
あなたの役目は人に感動ややさしさ、穏やかさ、暖かさ、豊かさなど人に伝えることかも!!
あなたの書を眺めてたら安らぎを得ました。ありがとうございました。
これからのあなたの活躍が楽しみです。微力でも何かお手伝い出来たらと思っています。

早く風邪治して下さい。待っています。

篠原



彼の未来の輝かしさが、もう今から待ちきれません。

スポンサーサイト




かくしちさんでやってます

現在、うつわ&カフェ かくしちさんにて、展示会を開催しております。








29日の日曜まで、引き続き開催しております。
昨晩遅くから日本を襲っている大寒波の影響で、
なかなか外に出るのも億劫になってしまいますが・・・・

お天気になることを祈りつつ、
皆様にはぜひともご来店頂けますようお願い申し上げます。


インフルエンザや風邪だけは引かないよう、どうか暖かくしてお出かけ下さい。






古き良きものをたずねて

先日、1月6日のBSで中田英寿氏が
美濃の手漉き和紙の工房を訪れる番組を放送していました。

海外にいたからこそ、
自分が日本人だということを意識せずにはいられず、
また日本人でありながら何も知らない自分であったため、
日本に帰ってきてやるべきことは
日本の古き良きものをその道の人(伝統工芸士、職人)達に
教えてもらいながら日本を知ることだと気づいたそうです。

SIBSIの仲間達・・・・コラボレーターの石渡真紀さん(アメリカ)、
喜多吾佳子さん(イタリア)、ヨネダマキさん(フランス)。
皆、海外に長く住んでいらした方々です。
その方達が、揃って和紙にたどり着いた・・・
というのは面白いと思いませんか?

海外では、アジア人と見れば「チャイニーズ?」と言われてしまいます。
国のアイデンティティ意識が薄く、
自分を日本人だと特別に意識していないのが
日本人の大半だと言われますが、そんな人たちでも
海外で日本人と言ってもらえないのを不快に思うようです。
だからこそ、海外に長く住めば住むほど「私は日本人である!」と
声高に主張したくなるのかも知れませんね。
それに何より、海外ではアイデンティティを強烈に持ち、
愛国心も強い人が多いですから、そうならざるを得ないのでしょうか。

やはり他国に行くと「日本」という国が客観的に見えてくるのですね。
そして、国内にいる時には分からなかった、良さも悪さも見え、
他国との比較を通して日本とは?日本人とは?そして、自分とは何か?
と、考えていくのだろうと思います。

たどり着くのは伝統工芸。
何故かって?
それはもちろん、そこに「日本」と「日本人」の"粋"があるからです。


グローバル化も行き詰まってしまっているかに見える今の世の中。
もしかすると、世界中で自分の国の「古き良き」価値観を見直し、
原点回帰する・・・
そんな時代が始まっているのかもしれません。





あけましておめでとうございます

皆様、遅ればせながらあけましておめでとうございます。

元旦早々にまた地震もあったりして落ち着かない日本のお正月でしたが、
皆様が心安らかな新年を迎えられたことを祈っております。



さて私のお正月。
知人の方におせちをいただきました。



なんとも新春らしい、素敵な彩り。


それから、姪っ子が成人を迎えました。
美しい着物を着させてもらい、晴れて大人の仲間入りです。
おめでとう。


そして初詣では北野天満宮へ行きました。





大きな絵馬に願いを託して参りました。

今年も私達SIBSI36スタッフ、
一丸となってよりよい商品をお届けできるよう
精進してまいります。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。