プロフィール

sibsi36

Author:sibsi36
岐阜のライフスタイルプロポーザー、SIBSI36です。
本当に素晴らしい「ほんもの」の商品を皆様にお届けいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




夏も盛りの日本です

今日も今日とて酷暑ですが、皆様お元気でしょうか。
オリンピックも熱いですが、毎日の過酷な暑さが体にこたえています。
わが愛犬も、毎日ぐったり。

昨日は多治見が日本で一番の気温でしたね。
岐阜市内も痛いほどの日射。そんな昼下がり、車に乗ると……

2_20160809161809aad.jpg

なんと外は42℃。思わず写真を撮ってしまいました。

この暑さで鳴く元気すらないのか、セミの声もあまり聴こえません。
それなのに、気がつくとよくセミの死骸が落ちています。

1_20160809161806adb.jpg

長い時間土中に暮らし、やっと自由に鳴き羽ばたけるはずなのに
あまりの暑さに鳴くことすらできず死んでしまっているのだとしたら、
なんとも切ないことですね。

私たちも、熱中症にはとにかく気をつけてこの夏を乗り切りましょう。


さて、本日は長崎の原爆の日でした。
そういえば、広島と長崎の違いって何だろう、と思い調べてみると
ウランとプルトニウムの違いだとかありますが、
「怒りのヒロシマ、祈りのナガサキ」
と形容されているのが一番印象的な違いでした。

広島と長崎の反核運動や核廃絶運動などに対する姿勢が違う…
ということなのですが、これは広島原爆の代表文学である
峠三吉の原爆詩集「にんげんをかえせ」が
被爆者の怒りであるのに対し、
長崎原爆の代表文学である永井隆の『長崎の鐘』が
世界平和を訴えたという違いからきているようです。

キリスト教信者が多いことからも、長崎には祈る印象が強いのですね。
だけれども、広島だって祈っているし長崎にも怒りはあったわけで
どちらの姿勢が正しいとかそういうことではありません。

原爆投下から71年目を迎えた今年は
先日陛下が「お気持ち」を表明されたこともあり
歴史的にとても大きな変化を迎えようとしている気がしてなりません。

国内外でどんな変化があり、どこに着地するのだとしても、
今の若い世代やその先の世代までが、平和と、
人としての幸福な暮らしとを両立できる世界であってほしいですね。
スポンサーサイト




「大人のための和紙布展」無事終了

東京・吉祥寺 ギャラリーボンブラにて開催しておりました、
「大人のための和紙布展」無事、終了いたしました。
お越し下さった皆様に厚く御礼申し上げます。

紙布の良さ、和紙の味わいはやはり
実際に触れていただくことが一番と思っております。
人気定番商品かつ『ソーシャルプロダクツアワード2016』受賞の
バブーシュ(紹介はこちらでご覧ください)をはじめ、
ラグやブラウスなど肌触りをお楽しみいただける商品を
今後も開発していきます

どうぞ、これからもSIBSI36をお楽しみに!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。