FC2ブログ

プロフィール

sibsi36

Author:sibsi36
岐阜のライフスタイルプロポーザー、SIBSI36です。
本当に素晴らしい「ほんもの」の商品を皆様にお届けいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




紅白彼岸花

十五夜が過ぎた頃、美濃市に行ってきたのですが
ふらりと寄った場所にひっそりと彼岸花が咲いていました。

hgnbn1.jpg

hgnbn2.jpg

紅白の彼岸花、綺麗ですね。

ふと彼岸花について知りたくなり、調べてみました。
別名曼珠沙華、というのは有名ですが
サンスクリット語由来で、『天上の花』の意味があるそうです。
仏教の経典によると、慶事の起こる前には天から赤い花びらが
降り注ぐとのこと。
何とも神秘的かつ美しい情景です。

彼岸花には毒もありますが、お墓の周りに彼岸花を植えるのは
土葬の時代に害獣などからお墓を護る役目もあったようで、
その歴史が「彼岸花=死」のイメージに結びついたようです。

ですが、花言葉を紐解くと、
赤の彼岸花には「悲しい思い出」の他に「情熱」や「再会」、
「想うはあなた一人」
白の彼岸花には「また会う日を楽しみに」「想うはあなた」
などがあり、
生まれ変わっての再会をも願う「悲願」の花にも思えます。
とてもロマンチックですね。

彼岸の入りを直前に、
季節のうつろいを感じた一日でした。

スポンサーサイト




モネの池

関市に「モネの池」と呼ばれる池があるのをご存知ですか?
SNSから有名になり、今や訪れる人が絶えない人気スポットです。

先日、私も美濃に行った際に寄ってきました。

160906_2.jpg

160906_1.jpg

本当に、モネの池でした。
透き通って美しい水面を見ていると、
光を捉えようとした印象派の画家たちの作品が頭をよぎります。
今は刺激的なものが巷に溢れかえっていますが、
今より物のなかった昔の芸術家はこういう自然の情景を見て
創作意欲を大いに刺激されていたのでしょうね。

なにもないからこそ、今まで見ていた景色にも
新たな視点から何かを発見できることもあるでしょう。
無から有を生む、というのがものづくりの原点だなあ
なんてことを改めてふと思ったのでした。

「モネの池」は車以外のアクセス方法がなく不便ではありますが、
ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。